コアラ脅かす、ヒトも感染するあの病 保護へ向けた光も

動物おもしろニュース

 オーストラリアのシンボル的存在のコアラが、意外な病気に苦しんでいる。人間もかかる性感染症のクラミジアだ。コアラの場合は命にかかわる。同国に生息する動物のなかでカンガルーと並ぶ人気を誇る、愛くるしい森のアイドルを守ろうと、人々の努力が続く。(ポートマッコリー〈豪州東部〉=小暮哲夫)

 シドニーから北東に約400キロのポートマッコリー。世界で唯一のコアラ専門病院の診察台で、野生のメスのコアラが毛布にくるまれていた。目に炎症があり、内陸の山村から車で搬送されてきた。

 「結膜炎で心拍数も低く、かなり体温が下がっている。深刻度を1から10で示すと、9くらい」。シェイン・フラナガン診療部長は厳しい表情だ。コアラの結膜炎は、クラミジアが強く疑われる。このコアラには脱水症状もあり、電解水が与えられていて、泌尿・生殖器や腎臓の病気の可能性もあるという。

 コアラ病院は1973年、主な生息域に近いこの町の商店主の夫婦が創設した。搬送されるのは、年間200~250匹。車にひかれたり、野犬に襲われたりといった例もあるなか、クラミジア感染が全体の5、6割を占める。

 主に性交で感染するコアラのクラミジアは、結膜炎を放置すれば失明し、メスが不妊症になることも多く、種の保存に影響する深刻な病気だ。クラミジア科の細菌でも、コアラには、ヒ……(中略)…… om_smpl_txtpr">こちら

記事の全文を見る⇒(朝日新聞デジタル)

国産×人も食べられる食材のキャットフードが超話題の訳は?【獣医師も推奨】
猫専門雑誌、新聞などメディアに多数掲載された、SNSでも人気のキャットフードが安心の…
え?ペット用化粧水!?ワンちゃんの脱毛などの肌トラブルにおすすめのアイテム
愛犬の脱毛、乾燥肌、フケなどに悩んでいませんか?最近増加している肌トラブルに絶対におすすめしたい…
愛犬の高血糖・高脂血が関わる7つのトラブルに!人も食べられる低糖・低脂の犬のナチュラル療法食
大切な愛犬が病気にならないためにも、毎日食べるドッグフードにはすごく気を遣いますね。病気を予防する…
動物おもしろニュース
チーターはなぜ速く走れる? 軽い体や長い脚を使って…

ののちゃんのDO科学 「チーターはなぜ速く走れるの?」 大阪府・西野仁さん(小3)からの質問 ののち …

動物おもしろニュース
広島)レッサーパンダの赤ちゃん一般公開 安佐動物公園

 広島市安佐北区の市安佐動物公園で6月下旬、レッサーパンダの双子の赤ちゃんが生まれた。12日に一般公 …

動物おもしろニュース
愛媛)とべ動物園で生まれたクロサイ 名前は「フー」に

 愛媛県立とべ動物園(砥部町上原町)で9月2日に生まれたヒガシクロサイの雄の赤ちゃんの名前が、投票の …