タンチョウは「村の宝」だけど… 地域に弊害、共生探る

動物おもしろニュース

 「鶴の恩返し」につながるか――。国の特別天然記念物タンチョウとの共生に、北海道東部の生息地、鶴居(つるい)村が頭を悩ませている。保護により絶滅の危機を乗り越えたが、問題も生じてきたからだ。何が起きているのか。

 釧路市の東隣、釧路湿原を抱える鶴居村は、その名の通りタンチョウの飛来地だ。人口約2500人の村には、環境省委託の大規模給餌(きゅうじ)場が2カ所あり、約600羽が越冬するとみられる。11月は本格的な積雪を前に、牛の飼料用トウモロコシ「デントコーン」の収穫が終わり、こぼれた実を求めて畑にタンチョウが集まってくる。

 タンチョウは、乱獲や湿原の開発で減少し、一時は絶滅したと考えられていた。だが1924(大正13)年、鶴居村で十数羽を確認。50年代初頭に現在の釧路市阿寒町と同村で人工給餌に成功して徐々に増え、84年からは環境庁(当時)が給餌事業を始めた。NPO法人「タンチョウ保護研究グループ」の調査では、2017年度、釧路湿原を中心に1600羽が確認されている。

 村では日本野鳥の会を中心に水辺の周辺のやぶをはらったり、全小中学校で環境省の越冬分布調査に参加したり、と保護活動に取り組む。観察所や案内板を設置するなど、観光にも力を入れてきた。

 だが、数が増えるに従い、弊害も出てきた。民間団体が一昨年実施した調査で……(中略)…… om_smpl_txtpr">こちら

記事の全文を見る⇒(朝日新聞デジタル)

国産×人も食べられる食材のキャットフードが超話題の訳は?【獣医師も推奨】
猫専門雑誌、新聞などメディアに多数掲載された、SNSでも人気のキャットフードが安心の…
え?ペット用化粧水!?ワンちゃんの脱毛などの肌トラブルにおすすめのアイテム
愛犬の脱毛、乾燥肌、フケなどに悩んでいませんか?最近増加している肌トラブルに絶対におすすめしたい…
愛犬の高血糖・高脂血が関わる7つのトラブルに!人も食べられる低糖・低脂の犬のナチュラル療法食
大切な愛犬が病気にならないためにも、毎日食べるドッグフードにはすごく気を遣いますね。病気を予防する…
動物おもしろニュース
山形)彩りさまざまクラゲゆらめく 鶴岡市立加茂水族館

 山形県鶴岡市立加茂水族館のクラゲの大水槽が、クリスマスツリーとライトアップで彩られている。  ツリ …

動物おもしろニュース
新種の「金髪コウモリ」確認 WWF、メコン川流域で

 国際NGOの世界自然保護基金(WWF)は12日、東南アジアのメコン川流域で、「金髪」のコウモリや背 …

動物おもしろニュース
「小遣い稼ぎ」でサソリ売買容疑 国交省職員ら書類送検

 飼育や売買が原則禁止されている特定外来生物の「マダラサソリ」を売買したとして、警視庁は12日、国土 …