フクロウはリンゴを守る 巣箱設置が「有効」論文発表

動物おもしろニュース

 リンゴ農家を悩ますネズミの食害。しかし、フクロウが子育てする巣の周りのリンゴ畑では、ハタネズミの数が6割以上減少していることが弘前大などの研究で分かり、フクロウを呼ぶ巣箱設置の有効性を示す論文が13日に英科学誌に掲載された。

 弘前大農学生命科学部の東信行教授と岩手大大学院連合農学研究科のムラノ千恵さんらの研究成果が英生態学会の科学誌「ジャーナル・オブ・アプライド・エコロジー」に発表された。

 リンゴ畑に生息するハタネズミは、エサが減る冬にリンゴの木をかじり、枯らしてしまうこともある。一方、研究室の調査で2001~07年に青森市浪岡地区のリンゴ畑でフクロウの巣をビデオ撮影したところ、卵がかえる4月ごろからひなが巣立つまでの約1カ月間に親鳥は巣1カ所あたり最大300匹のエサを子育てのために捕獲し、8~9割がハタネズミだった。

 フクロウが繁殖しやすい環境を整えれば、深刻な被害をもたらすハタネズミを退治してくれるのではないか。東教授の研究室は、弘前市の「下湯口ふくろうの会」など地元のリンゴ生産者と協力して、14年からリンゴ畑にフクロウの巣箱の設置を始めた。

 さらに16、17年の4月、弘前市西南部のリンゴ畑に仕掛けたわなでネズミを生け捕りにするムラノさんらの調査では、フクロウはハタネズミの生息密度が高い場所の巣箱を繁殖に……(中略)…… さらに減らしたい」と話している。(林義則)

記事の全文を見る⇒(朝日新聞デジタル)

国産×人も食べられる食材のキャットフードが超話題の訳は?【獣医師も推奨】
猫専門雑誌、新聞などメディアに多数掲載された、SNSでも人気のキャットフードが安心の…
え?ペット用化粧水!?ワンちゃんの脱毛などの肌トラブルにおすすめのアイテム
愛犬の脱毛、乾燥肌、フケなどに悩んでいませんか?最近増加している肌トラブルに絶対におすすめしたい…
愛犬の高血糖・高脂血が関わる7つのトラブルに!人も食べられる低糖・低脂の犬のナチュラル療法食
大切な愛犬が病気にならないためにも、毎日食べるドッグフードにはすごく気を遣いますね。病気を予防する…
動物おもしろニュース
山形)彩りさまざまクラゲゆらめく 鶴岡市立加茂水族館

 山形県鶴岡市立加茂水族館のクラゲの大水槽が、クリスマスツリーとライトアップで彩られている。  ツリ …

動物おもしろニュース
新種の「金髪コウモリ」確認 WWF、メコン川流域で

 国際NGOの世界自然保護基金(WWF)は12日、東南アジアのメコン川流域で、「金髪」のコウモリや背 …

動物おもしろニュース
「小遣い稼ぎ」でサソリ売買容疑 国交省職員ら書類送検

 飼育や売買が原則禁止されている特定外来生物の「マダラサソリ」を売買したとして、警視庁は12日、国土 …