ペットの幸福に必要な“5つの自由”を守りたい!

ペットと暮らす
ペットの幸福に必要な“5つの自由”を守りたい!

ペットの福祉、そのルーツは1960年代英国

近年のペットブームによる飼い主の意識の変化を受け、「動物愛護管理法」での法整備は着々と進んでいます。それでもまだ日本は欧米と比較すると、動物福祉の面で後進国といわれています。では欧米では、どのような考え方が動物福祉の指標となっているのでしょうか?

その考え方のもととなっているのが、1960年代の英国で起った、家畜の劣悪な飼育管理を改善させるための運動でした。当時の英国では畜産物を合理的に生産するため、産業動物を狭い場所に閉じ込めて飼育する方法が主流。その虐待性に批判が集まり、大きな社会問題となったのです。

そこで集約的畜産業のありかたを見直し、その基本として「5つの自由」が定められました。それはすべての動物に、以下の行動ができる自由を与えるべきという基準。

立つ 横たわる 向きを変える 毛づくろいをする 四肢を伸ばす

これが現在の動物福祉の考え方のルーツといわれています。

以後、様々な団体によって改訂が加えられ、現在では、家畜だけでなくペット動物・実験動物などあらゆる人間の飼育下にある動物の福祉の基本として、以下の「5つの自由」が世界的な指標となっています。 

5つの自由(5フリーダム)福祉の基本

1……(中略)…… l)

\ この記事をみんなにシェアしよう! /

この記事をみんなにシェアしよう!

記事の全文を見る⇒(PETomorrow)

国産×人も食べられる食材のキャットフードが超話題の訳は?【獣医師も推奨】
猫専門雑誌、新聞などメディアに多数掲載された、SNSでも人気のキャットフードが安心の…
え?ペット用化粧水!?ワンちゃんの脱毛などの肌トラブルにおすすめのアイテム
愛犬の脱毛、乾燥肌、フケなどに悩んでいませんか?最近増加している肌トラブルに絶対におすすめしたい…
愛犬の高血糖・高脂血が関わる7つのトラブルに!人も食べられる低糖・低脂の犬のナチュラル療法食
大切な愛犬が病気にならないためにも、毎日食べるドッグフードにはすごく気を遣いますね。病気を予防する…
ペットと暮らす
犬の息が荒い・充血・過呼吸など……ストレスのサインや解消法とは?

<!– –> 犬のストレスは、心身にとって必要なものも いろいろ …

ペットと暮らす
子犬に遊んでもらっている人間の大人w

【動画】子犬に遊んでもらっている人間の大人w フレンチブルドッグの子犬の飼い主さん。「フーフーッ」と …

ペットと暮らす
ミーがおそらく初めてランドセルに乗ったと思われる写真

ランドセル猫 これは、ランドセルに乗るのが大好きな猫ミーちゃんと、小学生のお兄ちゃんの日常を綴ったほ …