人が消えた町、自力で生きたダチョウ 衝撃の姿のその後

動物おもしろニュース

 東京電力福島第一原発の事故直後、警戒区域(原発から半径20キロ)は立ち入りが禁止され、残された家畜やペットが野生化していった。街中を歩き回る牛や豚。その中でも大きな衝撃を与えたのがダチョウだ。その後、どうなったのだろうか。

 「え、なんでこんなところに?」

 事故から半年を過ぎた2011年9月23日、経済産業省の廃炉汚染水対策官、木野正登さん(50)は、避難で住民がいない大熊町の民家の庭先で、1羽のダチョウが家の中をのぞき込む光景を目にした。

 この日は、住民の一時帰宅で、兼務する政府の原子力災害現地対策本部の職員として墓参りに同行していた。ダチョウを見たのは、帰りに同僚3人と車で移動していたときだった。

 木野さんは警戒区域で犬やネコを見るたび、「一人ボランティア」として、車に常備していたドッグフードをあげていた。「ダチョウも食べるかな」と車の窓を開けてパラパラとまいたところ、寄ってきてムシャムシャ食べたという。

 のちに、ダチョウは第一原発から約7キロ離れた大熊町内のダチョウ園から逃げてきたものだとわかった。元双葉町議の富沢俊明さん(81)が01年に観光地にしようと開園した施設だ。

 オープン当初は9羽だったが、その後30羽に増え、ダチョウ料理を出す食堂もつくった。その矢先に起きたの……(中略)…… om_smpl_txtpr">こちら

記事の全文を見る⇒(朝日新聞デジタル)

国産×人も食べられる食材のキャットフードが超話題の訳は?【獣医師も推奨】
猫専門雑誌、新聞などメディアに多数掲載された、SNSでも人気のキャットフードが安心の…
え?ペット用化粧水!?ワンちゃんの脱毛などの肌トラブルにおすすめのアイテム
愛犬の脱毛、乾燥肌、フケなどに悩んでいませんか?最近増加している肌トラブルに絶対におすすめしたい…
愛犬の高血糖・高脂血が関わる7つのトラブルに!人も食べられる低糖・低脂の犬のナチュラル療法食
大切な愛犬が病気にならないためにも、毎日食べるドッグフードにはすごく気を遣いますね。病気を予防する…
動物おもしろニュース
ゾウの「ナマリー」13歳に 果物製ケーキをペロリ

【動画】13歳を迎え、果物ケーキを贈られたスリランカゾウのナマリー=三沢敦撮影  徳山動物園(山口県 …

動物おもしろニュース
片足のチンパンジー・ユウコ死ぬ 熊本市動植物園

 熊本市動植物園で約6年間親しまれてきたメスのチンパンジー・ユウコ(推定41歳)が死んだと、動植物園 …

動物おもしろニュース
奄美の希少クワガタ、撮影に成功 マニアの乱獲で激減

 鹿児島県・奄美群島の請島だけに生息する希少種「ウケジママルバネクワガタ」が、地上で活動する季節にな …