心拍数が鍵を握る!?ハムスターの寿命と象の寿命がなぜ違うのか

ペットと暮らす
<!----> ハムスターと象の寿命が違うのはなぜ?

寿命の短いペットであるハムスター。でももし、ハムスターの身体がもっと大きかったら、もっと寿命が長い動物になっていたのかもしれません。

可愛らしいしぐさが人気のハムスターは、寿命が短く、2~3年で一生を終えます。ハムスターの何百倍もの大きさがある象は、寿命が長く、70年近く生きます。同じ動物で、なぜこんなにも寿命の長さは違うのでしょうか?

答えは、ハムスターの身体が小さく、象の身体が大きいからです。
 

<目次>   ハムスターの寿命が短いのは心拍数の問題 ハムスターや象などのほ乳類と鳥類は、一生の間に同じ回数だけ心臓を動かし、呼吸をしています。心臓が動く回数を心拍数(しんぱくすう)というのですが、ハムスターの短い一生の間の心拍数と象の長い一生の間の心拍数は、どちらも約15億回。見るからにまったく違う動物なのに、心臓が動く回数はほぼ同じなのです。また、呼吸数も同じで、ハムスターも象も一生の間に約3億回呼吸をします。

同じ回数心臓を動かし、呼吸をしているならば寿命の長さも同じになりそうに思えますが、心臓を動かすスピードと呼吸の速さが違うために寿命の長さは変わります。心臓を動かすスピードは……(中略)…… な環境で飼うようにしてあげましょう。

【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)

国産×人も食べられる食材のキャットフードが超話題の訳は?【獣医師も推奨】
猫専門雑誌、新聞などメディアに多数掲載された、SNSでも人気のキャットフードが安心の…
え?ペット用化粧水!?ワンちゃんの脱毛などの肌トラブルにおすすめのアイテム
愛犬の脱毛、乾燥肌、フケなどに悩んでいませんか?最近増加している肌トラブルに絶対におすすめしたい…
愛犬の高血糖・高脂血が関わる7つのトラブルに!人も食べられる低糖・低脂の犬のナチュラル療法食
大切な愛犬が病気にならないためにも、毎日食べるドッグフードにはすごく気を遣いますね。病気を予防する…
ペットと暮らす
子どもの気を引くために…ワンコ、全力即興演奏!

【動画】子どもの気を引くために…ワンコ、全力即興演奏! 乳児がおもちゃのギターで遊んでいます。そのギ …

ペットと暮らす
鹿とにらめっこの勝負は…?【猫と行くキャンピングカーの旅】

猫と行くキャンピングカーの旅 「アメリカで一番行ってみたい場所は?」と聞かれたら「イエローストーン国 …

ペットと暮らす
立派な「口ヒゲ」がある子犬が話題! サルバドール・ダリみたいにくるりん!としたかたちです

アメリカ・テキサスとニューヨークに拠点を置くアニマルレスキュー「Hearts&Bones Rescu …