猫と過ごすクリスマスで気を付けたいこと5つ

猫ニュース
1. クリスマスの食事

クリスマスシーズンは普段しまっているお菓子やご馳走を、出しっ放しにしてしまうかもしれません。目新しい食べ物は猫の好奇心をくすぐってしまいます。

パーティーなどを開いているときは、猫がテーブルに乗って危険な食べ物を舐めたり食べたりしてしまうかもしれません。猫に危険な食品も多く使われているので、いつも以上に食品の管理には注意が必要でしょう。

特にチョコレートやレーズン、アルコール類は猫の中毒症状を引き起こします。もちろん食べると良くない、味のついたチキンや骨の取り扱いも慎重にしましょう。

2. クリスマスツリー

クリスマスと言えばクリスマスツリーですよね。ツリーも生の木、人工的な素材の木など様々に作られています。ただし生のツリーは猫が誤飲すると下痢や嘔吐を引き起こす可能性があり危険です。

ツリーのオーナメントや電飾などのコード、ヒモ状の飾りを食べて開腹手術になってしまうかもしれません。事故を防ぐためにクリスマスツリーの飾り場……(中略)…… 部分もあるでしょう。一緒に暮らす猫の気持ちも考えて、楽しいクリスマスを過ごしたいものですね。

記事の全文を見る⇒(ねこちゃんホンポ)

国産×人も食べられる食材のキャットフードが超話題の訳は?【獣医師も推奨】
猫専門雑誌、新聞などメディアに多数掲載された、SNSでも人気のキャットフードが安心の…
え?ペット用化粧水!?ワンちゃんの脱毛などの肌トラブルにおすすめのアイテム
愛犬の脱毛、乾燥肌、フケなどに悩んでいませんか?最近増加している肌トラブルに絶対におすすめしたい…
愛犬の高血糖・高脂血が関わる7つのトラブルに!人も食べられる低糖・低脂の犬のナチュラル療法食
大切な愛犬が病気にならないためにも、毎日食べるドッグフードにはすごく気を遣いますね。病気を予防する…
猫ニュース
猫が『スキンシップ不足』な時のサイン3つ

猫が寂しさを感じているサイン …

猫ニュース
ペットショップで売れずに成長した猫はどうなるの?

ペットショップで売れ残った猫はどのような道をたどるの? ペットショップに …

猫ニュース
他の猫の子を救った愛情深い小柄な猫「小夏」

弱い猫の宿命 とある日、保護猫団体「ねこのおうち」のシェル …