猫飼い主が絶対に気をつけたい「室内の危険ゾーン」

ペットと暮らす
猫飼い主が絶対に気をつけたい「室内の危険ゾーン」

愛猫を一生、大切にしたい…。猫と暮らしている方は日頃から、こうした思いを抱かれているはず。しかし、時には飼い主さんが気づかないような些細なことが原因となり、猫が怪我をしてしまう場合があります。そこで本稿では、室内に潜む思わぬ危険を解説。猫の身体を守るために役立ててみてください。

室内に潜む4つの危険ポイント

①排水溝の生ごみ

キッチンへ猫が自由に立ち入れる場合は、排水溝の生ごみを誤って口にしてしまわないように注意。生卵や豚肉、ネギ類、青魚など、人間にとってはおいしく感じられる食材の中には猫の健康を害してしまうものもたくさんあります。排水溝の生ごみは食後にこまめに処理し、猫が漁れないようにしていきましょう。

もし、猫がキッチンシンクの中に入ってしまうようであれば、100均のワイヤーネットで防御。上に重しを乗せれば、ワイヤーネットはずらされにくくなります。

②その観葉植物は大丈夫?

観葉植物はお部屋をオシャレに彩ってくれるアイテム。しかし、猫が中毒を起こすものも多く存在しています。

例えば、ユリ科の植物。花だけでなく花粉や茎、葉、球根に強い毒があり、生けた花瓶の水を飲んだだけで猫が中毒症状に陥ってしまうほどだと言われているので要……(中略)…… しょう。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /

この記事をみんなにシェアしよう!

記事の全文を見る⇒(PETomorrow)

国産×人も食べられる食材のキャットフードが超話題の訳は?【獣医師も推奨】
猫専門雑誌、新聞などメディアに多数掲載された、SNSでも人気のキャットフードが安心の…
え?ペット用化粧水!?ワンちゃんの脱毛などの肌トラブルにおすすめのアイテム
愛犬の脱毛、乾燥肌、フケなどに悩んでいませんか?最近増加している肌トラブルに絶対におすすめしたい…
愛犬の高血糖・高脂血が関わる7つのトラブルに!人も食べられる低糖・低脂の犬のナチュラル療法食
大切な愛犬が病気にならないためにも、毎日食べるドッグフードにはすごく気を遣いますね。病気を予防する…
ペットと暮らす
子どもの気を引くために…ワンコ、全力即興演奏!

【動画】子どもの気を引くために…ワンコ、全力即興演奏! 乳児がおもちゃのギターで遊んでいます。そのギ …

ペットと暮らす
鹿とにらめっこの勝負は…?【猫と行くキャンピングカーの旅】

猫と行くキャンピングカーの旅 「アメリカで一番行ってみたい場所は?」と聞かれたら「イエローストーン国 …

ペットと暮らす
立派な「口ヒゲ」がある子犬が話題! サルバドール・ダリみたいにくるりん!としたかたちです

アメリカ・テキサスとニューヨークに拠点を置くアニマルレスキュー「Hearts&Bones Rescu …