白内障のアザラシ、飼育員との絆 推定32歳なお現役

動物おもしろニュース

【動画】目が見えなくても健康 高齢アザラシを支える飼育員ら=豊平森撮影

 子どもから大人まで家族で楽しめる水族館。南知多ビーチランド(愛知県美浜町)では飼育員たちの努力もあり、目が見えない高齢のアザラシがいまも現役で活躍している。ショーや展示だけでは分からない飼育員たちの奮闘ぶりなど、水族館の裏側をのぞきに行ってみた。

 「コウー、コウー」

 飼育員の森玲菜さん(26)が大きな声で呼びかけると、水中からゴマフアザラシの雌「コウ」(推定32歳)が、来園者の目の前の舞台にはい上がってきた。口を大きく開けたり、お尻の穴にセンサーを入れて体温測定をしたりして、健康管理の様子を披露。最後には来園者が背中をなでて触れ合うこともでき、親子連れらを喜ばせた。

 コウと雄のジャック(推定31歳)は、白内障で何年も前から目がほとんど見えない。かなり高齢の部類に入るが、来園者と触れ合うイベントに出演を続けている。飼育員のサインは声のほか、ひげや体に触れる方法で伝えている。コウは声のサインを4種類、ひげで6種類、ボディータッチで4種類を認識。指示に応じて移動し、前脚で顔を覆う「恥ずかしい」のポーズや、くねくねダンス、うつぶせから仰向けにひっくり返る「ターンオーバー」、待機などの動きをこなす。ジャックもほぼ同様の動きができる。

こちら

記事の全文を見る⇒(朝日新聞デジタル)

国産×人も食べられる食材のキャットフードが超話題の訳は?【獣医師も推奨】
猫専門雑誌、新聞などメディアに多数掲載された、SNSでも人気のキャットフードが安心の…
え?ペット用化粧水!?ワンちゃんの脱毛などの肌トラブルにおすすめのアイテム
愛犬の脱毛、乾燥肌、フケなどに悩んでいませんか?最近増加している肌トラブルに絶対におすすめしたい…
愛犬の高血糖・高脂血が関わる7つのトラブルに!人も食べられる低糖・低脂の犬のナチュラル療法食
大切な愛犬が病気にならないためにも、毎日食べるドッグフードにはすごく気を遣いますね。病気を予防する…
動物おもしろニュース
チーターはなぜ速く走れる? 軽い体や長い脚を使って…

ののちゃんのDO科学 「チーターはなぜ速く走れるの?」 大阪府・西野仁さん(小3)からの質問 ののち …

動物おもしろニュース
広島)レッサーパンダの赤ちゃん一般公開 安佐動物公園

 広島市安佐北区の市安佐動物公園で6月下旬、レッサーパンダの双子の赤ちゃんが生まれた。12日に一般公 …

動物おもしろニュース
愛媛)とべ動物園で生まれたクロサイ 名前は「フー」に

 愛媛県立とべ動物園(砥部町上原町)で9月2日に生まれたヒガシクロサイの雄の赤ちゃんの名前が、投票の …