結核で命の危機 笑顔のゾウに集まった支援金600万円

動物おもしろニュース

 広島県福山市立動物園で飼育されているゾウの「ふくちゃん」は3年前、結核になった。症状が落ち着きいったん治療を終えたが、再発の可能性がある。動物園がクラウドファンディング(CF)で支援を募ったところ5日で350万円が集まり、首都圏や大阪にもその輪が広がっている。

 マレーシア・サバ州のボルネオ島で親とはぐれたところを保護され、2001年に福山にやって来た。動物園によると、現在国内で唯一のボルネオゾウ。推定20歳の雌で、体長は2メートルほどと小柄。頭のふさふさした毛と、笑っているような目を細めるしぐさが人気だ。

 ボルネオゾウの平均寿命は50~60年とされ、まだ若いが、15年秋から体重が激減し、翌年3月に結核と診断された。国内で治療例がなく、人の結核治療の専門医に尋ねたり、海外の文献を集めたりと試行錯誤しながら座薬や経口薬を与えた。飼育員は200錠近くのカプセルを一つずつ外し、薬を糖蜜や小麦粉、米菓子と合わせた団子にして毎日与えてきた。

 2500キロあった体重が300キロ以上減るなど一時は命の危険もあった。今年10月に投薬は終えたが、再発の可能性が残る。そこで冬用の暖房機器や結核検査キット、ストレス解消用のおもちゃの製作費用をCFで募ることにした。

 募集期間は10月1日から11月末だったが、最初の目標の150万円は2……(中略)…… 作っていきたい」と話している。(橋本拓樹)

記事の全文を見る⇒(朝日新聞デジタル)

国産×人も食べられる食材のキャットフードが超話題の訳は?【獣医師も推奨】
猫専門雑誌、新聞などメディアに多数掲載された、SNSでも人気のキャットフードが安心の…
え?ペット用化粧水!?ワンちゃんの脱毛などの肌トラブルにおすすめのアイテム
愛犬の脱毛、乾燥肌、フケなどに悩んでいませんか?最近増加している肌トラブルに絶対におすすめしたい…
愛犬の高血糖・高脂血が関わる7つのトラブルに!人も食べられる低糖・低脂の犬のナチュラル療法食
大切な愛犬が病気にならないためにも、毎日食べるドッグフードにはすごく気を遣いますね。病気を予防する…
動物おもしろニュース
山形)彩りさまざまクラゲゆらめく 鶴岡市立加茂水族館

 山形県鶴岡市立加茂水族館のクラゲの大水槽が、クリスマスツリーとライトアップで彩られている。  ツリ …

動物おもしろニュース
新種の「金髪コウモリ」確認 WWF、メコン川流域で

 国際NGOの世界自然保護基金(WWF)は12日、東南アジアのメコン川流域で、「金髪」のコウモリや背 …

動物おもしろニュース
「小遣い稼ぎ」でサソリ売買容疑 国交省職員ら書類送検

 飼育や売買が原則禁止されている特定外来生物の「マダラサソリ」を売買したとして、警視庁は12日、国土 …